WiFiレンタルベトナム.com

  

知っておきたいベトナムの交通事情

最終更新日時:2016年8月18日(木)

ベトナムでWiFiを使うなら!おすすめのWiFiレンタルショップランキング

トップページ > 知っておきたいベトナムの交通事情

知っておきたいベトナムの交通事情

 海外に行って、日本の「普通」の価値観や感覚が通じないことはよくありますよね。そういった面でいうと、ベトナムに行って最も驚くことは交通事情かもしれません。今回は、筆者の体験を交えてお伝えする、あらかじめ知っておきたいベトナムの交通事情についてです。
 まず、空港に着いてタクシーでホテルまで向かいましたが、そのタクシーの運転が日本の感覚だとえっ!とびっくりしてしまうくらいに荒いです。しかしそのタクシーの運転手に問題がある訳ではなく、道路を見れば皆そんな感じでとにかくこの国では強気な運転が一般的のようです。
 また、ベトナムは車よりもバイクや自転車が多いのも特徴です。日本の感覚で考えたら、車とバイクや自転車の力関係は車の方が優位にあると思います。実際ルールとしてバイクや自転車は車道の脇を走るようになっていますしね。ただ、ベトナムでは勝手が違います。バイク、自転車、ガンガン車道に入ってきます。現地の人の交通手段が車よりもこちらの方がメインのため、車道を走るのは数的にもバイクや自転車の方が多いです。車がバイクに囲まれている、バイクに囲まれながら走る、という図を想像してもらうといいと思います。しかもこのバイクたちも強気です。二人乗り三人乗りは当たり前で、車の脇すれっすれのところを走り抜けています。
 赤信号があまり機能していない、という点も挙げておくべきでしょう。これは海外ではあまり驚くことではないのかもしれませんが、それでも初めて見るとびっくりしてしまうかもしれません。
 先ほども述べたようにベトナムはバイクと自転車が多いです。ただ彼らはそこまでスピードを出して運転はしていません。しかし赤信号であってもあまり止まらない。では通行人はどうやって横断歩道をわたるのか、私は車内から初めてその様子を見た時思わず「すごい…」と呟いていました。まず、横断歩道の信号が青に変わります。すると通行人はバイクとバイクの間をゆっくりと歩き出します。後ほど私も体験したのですが、この「ゆっくり」がポイントだと思います。ゆっくり歩いていると、バイクが通行人をゆるく避けて走り去って行きます。通行人は堂々と歩道を渡り終えます。
 日本では考えられないでしょうが、これが現地の一般的な歩行スタイルのようでした。ポイントを付け加えるとしたら、歩道に踏み入れたら決して足を止めないことでしょうか。とにかくゆっくりと歩いていればバイクは避けてくれます。歩道を渡るだけで命がけ、という気持ちになったのは初めてでしたが、どこか楽しんでいる自分がいるのも事実で、こういった経験ができるのも旅行の醍醐味かなと思いました。
 以上ベトナムの交通事情についてでしたが、実際ベトナムでの交通事故は日常茶飯事なのだと聞きます。くれぐれも自分の安全には気をつけたいものですね。