WiFiレンタルベトナム.com

  

ベトナム用ポケットWiFiレンタルランキング

最終更新日時:2016年8月18日(木)

ベトナムでWiFiを使うなら!おすすめのWiFiレンタルショップランキング

ベトナムで使えるポケットWiFiのレンタルサービスをランキング化!

 旅行や出張などでベトナムに行く際、ぜひ持っておきたいものがポケットWiFiルーターです。現地でいつでもネットに接続できるというのはとても便利ですし安心ですよね。ベトナムにも無料WiFiは浸透していますが、利用するにはパスワードが必要ですので、初めてベトナムに行くという方は自分で持っていくポケットWiFiの方が利用しやすいでしょう。当サイトではベトナムで利用できるポケットWiFiをレンタルできるサービスをランキング形式でご紹介しています。ベトナムでポケットWiFiを利用したい方はぜひ当サイトの情報を参考にしてみてください。

1位 エクスモバイル

エクスモバイルは、海外用WiFiルーターのレンタルサービスを行っているショップです。世界170ヶ国以上で利用できるポケットWiFiルーターを取り扱っています。もちろんベトナム用のポケットWiFiルーターも取り扱っており、利用料金は1日あたり550円と非常に安くなっています。商品はウェブ上から申し込み、出発の前日に郵送で届けてもらう形となります。レンタル料金は出発日からの計算なので、届いた日はレンタル日に含まれません。また、返却も帰国翌日までの消印で返却すればOKです。料金が安く、ウェブ上から手軽に申し込みできるのでベトナムへ行く際はぜひおすすめしたいサービスです。

ショップ名 エクスモバイル
利用料金 1日あたり550円
※長期パックプランあり
配送・返送料 配送料:540円
返送料:360円(レターパック)、実費、1080円(空港返却)から選択可能
詳細を見る

2位 イモトのWiFi

イモトのWiFiはタレントのイモトアヤコさんがイメージキャラクターを務める海外用のポケットWiFiレンタルサービスです。200以上の国と地域で利用できる業界でも最大級の対応エリアを誇り、当然ベトナムにも対応しています。ベトナムでの利用料金は1日あたり980円で、受け取りは空港内カウンターか郵送のどちらかとなります。イモトのWiFiの良いところは受取手数料や配送料がかからないところ。レンタル料金のみで利用できます(プランによりかかる場合もあります)。また、キャンペーンも頻繁に行われており、現在はサービスに満足できなかったら全額返金キャンペーンを行っています。

ショップ名 イモトのWiFi
利用料金 1日あたり980円
※USBタイプは1日あたり780円
配送・返送・手数料 空港受け取り・配送:無料
返送料:空港返却(無料)もしくは実費返却
詳細を見る

3位 グローバルWiFi

グローバルWiFiは東証マザーズに上場している株式会社ビジョンが運営する海外用のレンタルWiFiサービスです。200以上の国と地域で利用でき、ベトナム用のポケットWiFiもしっかりと取り扱っています。ベトナム用WiFiの利用料金は1日あたり870円~となっています。受け取りは空港内カウンターか宅配のどちらかを選択でき、空港内カウンターの場合は受取手数料が540円、宅配の場合は手数料と宅配料で合計1080円が必要となります。キャンペーン等を行っていることもあり、その際は1日あたりのレンタル料金が200円値下げされるなどの特典があります。

ショップ名 エクスモバイル
利用料金 1日あたり870円
大容量プラン(容量2倍)は1日あたり1170円
配送・返送・手数料 空港受け取り:手数料540円
配送:手数料540円+配送料540円
返送料:空港返却(無料)もしくは実費返却
詳細を見る

ベトナムへの渡航にはポケットWiFiを持っていこう!

旅行や出張などでベトナムに行く時も、インターネットには接続できるようにしたいですよね。ベトナムにいても、旅行先の写真をアップしたり、友人とメールしたりなどネットを使いたい場面は多いと思います。また、出張などで来ているのであればインターネットへの接続は必須といっていいかもしれません。そんな時にはポケットWiFiのレンタルが便利です。安いサービスともなれば1日500円台でポケットWiFiをレンタル出来ますし、旅先での利便性や何かあったときのためにもポケットWiFiでネットには繋げられるようにしておきたいところです。利用方法も電源を入れて接続する端末でWiFiを疲労だけと非常に簡単なので、ベトナムへ渡航する際は1台レンタルで用意しておくことをお勧めします。

ベトナムの街中での無料WiFi事情は?

日本は海外より無料WiFiの整備が進んでいるという話を聞いたことがある方も多いと思います。ベトナムもその例にもれず、街中のカフェやホテルにはほとんど無料WiFiが用意されていると考えても良いでしょう。ただ、利用するにはパスワードを教えてもらわないと接続できませんので、初めてベトナムに渡航される方には少し億劫に感じてしまうかもしれません。余計な気を遣わずWiFiに接続したいのであればポケットWiFiをレンタルした方が気軽に利用できるでしょう。また、海外の無料WiFiはセキュリティ面での不安も付きまといます。安心して利用するのであれば、やはり日本からポケットWiFiをレンタルして持って行った方が良いでしょう。

ベトナムはアジアを代表する美しい国

ベトナムに旅行に行った事があるという方はそれほど多くは無いと思います。ベトナムに行くよりは定番のハワイや韓国へなどと考えてしまいますが、実はベトナムには素晴らしい所がたくさんあります。初めて訪れる方のために、ベトナムのことを少し紹介させていただきます。

ベトナム最大の都市、ホーチミン

まずはベトナム最大の都市となっているホーチミンです。名前の由来はベトナム建国の父であり、国民から親しみを込められ「ホーおじさん」と呼ばれているホーチミンです。フランス植民地だった事もあり、建造物はヨーロッパテイストな雰囲気が感じられる形式になっています。経済の中心地ともなっており、ありとあらゆる産業が成長し続け高度な経済国家へと発展しています。観光名所も多く、とても魅力のある都市です。

古き良き文化が点在する都市、ハノイ

次に押さえておきたいのがハノイです。ホーチミンに次ぐ都市となっていますが、ハノイがベトナムの首都となっています。農産業を中心としてベトナムの古き良き文化が多々点在しており、特に寺院関係の建造物を観る事が出来ます。また観光地としても人気が高く、ベトナムの歴史を劇にして表現をする水上人形劇は観光客を楽しませてくれます。

人気のリゾートビーチがあるダナン

次にダナンです。ベトナムの商業地として栄えていますが、ダナンの一番の魅力はリゾートビーチです。ホテルはヨーロッパテイストな作りで高級感があふれており、ビーチはオーシャンビューの眺めながらリラックスする事が出来、各国のお金持ちのバカンスの地として有名になっています。また夜には、発展した町の明かりが素晴らしい夜景となりまさにベトナムきってのリゾート地です。

ベトナムの古都、フエ

ベトナムの古都、フエもおすすめです。この都市は商業よりもベトナムの古い建造物や歴史を物語っている所です。かつて19世紀にベトナム王朝が栄えていた都市でもあり、宮廷に纏わる建造物が多数現存しており、世界遺産に指定されている建造物も少なくはありません。また現地人には船上にて生活を送っている水上生活者が居たりと他の都市とは全く事なる雰囲気を楽しめる所が魅力の一つです。


アジアとフランスの両方の文化が上手く融合し、今なお発展し続けている国ベトナム。ご紹介した都市以外にもまだまだ魅力あふれる所がたくさんありますので、是非一度は訪れて頂きたい国です。

現地に行ったらぜひ食べたい!ベトナム料理について

ベトナム料理と聞くと日本人の口には合わないのではと思う方もたくさんいらっしゃると思いますが、実は日本人にも好まれる料理がたくさんあります。元々フランスの植民地だった事もあり、ヨーロッパの食文化も取り入れられているので非常に食べやすくなっています。ベトナムに行ったらぜひ食べたいベトナム料理についてご紹介します。

ベトナム料理は地方によって全く異なる味覚で食されています。北部地方では、塩をベースとして少ししょっぱい味にベトナムの魚醤ヌクマムを使った料理が多いです。パクチーなどの香辛料をあまり使わないので万人が食べられる味付けです。
中部地方では唐辛子系をベースに味付けされており、辛いのが苦手な方にはあまり好まれません。また宮廷が栄えていた頃の名残で盛り付けや装飾などを重視した料理が多い様です。
南部地方では、ココナッツミルクや砂糖を使用した甘い味付けがベースとなっているので甘党の方には受け入れられますが、日本人の口に合うかは個々によると思います。

具体的な料理ですが、まずベトナム北部にて定番となっている「フォー」についてです。米をペースト状にして麺にして牛肉のスープに唐辛子やライムなどにて味付けしてて食べる国民食となっています。スープは非常にあっさりしており、麺ものど越しがとても良い為、日本人の口にも合う味付けになっています。フォーは日本人の「白いご飯」の様な物の感覚で食べられています。
次に「バイン・セオ」です。主に南部地方の定番食となっており、米粉とココナッツミルクにてクレープ生地を作り、海鮮や肉、たっぷりの野菜を挟み辛みの効いたタレを付けて食べます。この料理は肉は勿論、野菜もたっぷりと使用されているので、栄養バランスが素晴らしいほど整っています。

ベトナム料理は米粉やパンが主食となっており、アジア圏の料理で最も日本人に好まれる料理が多くなっています。近年、日本にもベトナム料理店が多く出店してきており、本場の味を身近で堪能出来るようになってきておりますので、一度は味わって頂きたいと思います。